えれんなこと · 13日 4月 2019
私たち、不動産会社の営業マンも、皆さんと同じように、スーモやアットホーム、ホームズのような住宅系ポータルサイトを検索します。 理由は、東日本不動産流通機構『レインズ東日本』という、正式な不動産流通サイトに掲載せず、前記のサイトに挙げている物件を調べるからです。 なんでそんなことをするのでしょうか? 理由は、売主も買主も自分たちで探して来れば、1度の契約で両方から手数料が取れるからです。 これを「両手」といいます。 このあたりの説明は、以前のブログでも触れていますので、ぜひお目通しください。

検討中の方へのこと · 13日 4月 2019
桜舞い散る季節が終わり、まもなく藤の季節になります。 令和の声を聞こえてきて、馴染んできたころに、梅雨になります。 我が家では、このタイミングでエアコンを新しくしました。 交換理由は、調子が悪くなって、電気代を押し上げていたこともあります。 ただ、電気屋さんに相談したところ、「電機メーカーは4月にエアコンの新機種(新年度)を発表・発売するから、旧タイプが型落ちする3~4月が買い時」と聞いて動いたこともあります。 ようは、寒さがしのげるころがタイミングというわけです。

えれんなこと · 13日 4月 2019
あともういくつ寝ると、「令和」になります。 新時代の突入です。 ただ、昭和から平成の移り変わりを体感している世代としては、「なんだかんだで、いつの間にやら体が令和に慣れているのだろう」と思う人が多いはずです。 その一人が、私です。 さて、前回の改元とは、いろいろな違いがありました。 出展が、中国古文ではなく、日本の古典「万葉集」であることも一つです。 候補だった、6つの言葉が、すでに明らかになっていることも一つです。 そして、大きな要因であることが、「事前に改元時期が明らかになっている」ということです。

えれんなこと · 24日 2月 2019
定期的に不動産に関する問題が起こるものです。 「シェアハウス・かぼちゃの馬車問題」が落ち着いたと思ったら、今度は「レオパレス問題」です。 レオパレス21のホームページのリンクを張っておきます。 https://www.leopalace21.co.jp/info/ 簡単に言えば、建築確認を受けているアパートに不備があったということです。 私が同業者から聞いた話を紹介します。 レオパレスに住んでいる角部屋の人が部屋にいるとき、チャイムが鳴ったそうです。 玄関から出てみたら、同じ階の一番逆端の角部屋の玄関前に、宅配便の人が立っていたそうです。 よくできたネタですが、今となれば、まんざらでもないな、という話です。

不動産の購入は、大きな買い物です。 また、なかなか同じものが売り出されることがありません。 同じマンション、同じ間取り、同じ広さでも、位置が一つ違うだけでも大きな違いが生じることもあります。 くわえて、中古マンションでいえば、同じような物件でも販売価格が大きく違う場合もあります。 もちろん、室内のコンディション次第で価格は大きく変化します。 しかし、「今回売り出されていた物件が販売終了になったら、後日同条件のものが出てくる」可能性は高くはありません。

検討中の方へのこと · 25日 1月 2019
1月8日の夜にTBSで『教えてもらう前と後』という番組の2時間スペシャルが放送されていました。 滝川クリステル氏が司会を務める教養バラエティ番組です。 この放送回の目玉企画が『「村上ファンド」村上世彰氏の現在 あれから13年…子ども向けに“お金の授業”』というものでした。 「モノを言う株主」として脚光を浴びて、出資法違反で服役した人です。 現在の姿は、白髪になり、年月を感じますが、眼光の強さは以前と変わりがありません。 村上氏は「日本ではお金にかかわる学習をやっていない」という考えから、子どもを含めた多くの世代に「お金の授業」を行っているとのことでした。

小田原のこと · 21日 1月 2019
中古 今回は、例年実施しています「小田原マンションスクエア・ランキング」の総括を行います。 これは2018年7月から12月までの6か月間に、当ホームページの「マンションライブラリー」の閲覧回数をまとめたものです。 当ホームページは、スマートフォンやパッドでも見やすいようにマイナーチェンジを行ったため、集計を出すのは約1年ぶりとなります。 おかげさまで、当ホームページには多くの方に閲覧をしていただいております。 昨年の4月中旬から今年1月中旬までに、のべ約29000人の方に、約67500ページ閲覧をいただいております。 特にライブラリーページは、小田原市・南足柄市・開成町・大井町・二宮町(一部)にある分譲マンションのデータをまとめたものです。 このページをご覧になる方は、中古マンションをお求めになる方はもちろん、現在所有していて、売却を考えている人にも多く見ていただいております。 その閲覧数を定期的にまとめたものが、ランキングです。 「今、注目を集めているマンションはどこ?」という疑問に答える指針になると思っております。

検討中の方へのこと · 20日 1月 2019
遅くなりましたが、今年初めてのブログになります。 今年もよろしくお願いします。 さて昨年の年末に、セブンイレブンに買い物に出かけたとき、書籍の中に1冊の漫画に目が留まりました。 ビックコミックス(小学館)に連載中の「正直不動産」の4巻でした。 大谷アキラ氏の作品です。 ザックリのあらすじを書きます。 主人公は、中央線沿線に事務所がある不動産会社の営業マンです。 営業も順調でしたが、自分が担当した売地の敷地内にあった石像を壊したことで、呪いで嘘がつけなくなります。 その影響でいろいろな顛末に巻き込まれるという話です。 話が東京の話なので、小田原のスケールからするとかなり大きい話になっています。 また専門用語が多いので、噛みごたえが強い漫画ですが、面白い漫画だと思います。 ネットでも読めますので、お勧めします。

マンションのこと · 15日 11月 2018
我が家のポストに1枚のチラシが投函されました(上記写真・同チラシ)。 小田原の街の中心街、「栄町1丁目」のスクランブル交差点にできる新築マンションのチラシでした。 大和ハウス工業株式会社東京本店の事業主・売主になっています。 マンション名は「プレミスト小田原栄町」です。 近隣ですと、川崎市高津区溝の口や、湘南辻堂などに建設されています。 建設予定のマンションは、敷地面積約923㎡(約279坪)です。 RC造14階建で、総戸数は51戸、間取は3LDK基準です。 各戸の専有面積は、約68㎡~約77㎡、駐車場は18台です。 販売価格や管理費、修繕積立金などは、すべて未定です。 来年の1月下旬に事前案内会を開催、販売開始は来年3月下旬、完成予定は2020年7月下旬です。 すべてデータは、チラシから摘出しました。

不動産屋に勤めていると「羽振りがいいんだね」とか、「儲かっていいね」と言う人がいます。 私自身もそうですが、他業種から飛び込んでくる人も多いです。 私事で言えば、7年前に転職する時に、たまたま就職できたのが「不動産業」だったのです。...

さらに表示する