「買える人」は「持っている人」と「借りられる人」

 

一生の中でも大きな買い物となる不動産・マンションを購入したいというのは、誰もの思いでしょう。

 

「買えるのなら買いたい」。

 

そう思うのは当然です。

 

 

 

では立場を変えれば、どうなるでしょう。

 

不動産会社からすれば「買える人に売りたい」となるのです。

 

売主からすれば「ちゃんとお金を払ってくれる人に少しでも高く売りたい」でしょう。

 

銀行からすれば「借りた金を、ちゃんと返す人に貸したい」となります。

 

前記の三者から見ると、売りたい人=買える人というのが見えてきます。

 

 

 

まずはお金を持っている人。

 

明々白々なので多くの説明は要らないと思います。

 

ただ、手持ち資金=物件価格というのは危険です。

 

ローンよりは安いとはいえ、購入時には諸費用がかかります。

 

引越し代や新しく買う家電代も馬鹿にはなりません。

 

手持ち資金の8割=物件価格ぐらいがいいバランスだと思います。

 

 

 

もう一つは「借りられる人」です。

 

「家賃でマンションを」とお考えの方はこちらだと思います。

 

ただ、大きな問題があります。

 

この「借りられる人」は自分で判断できないのです。

 

不動産会社でもありません。

 

家族でもありません。

 

決めるのは『金融機関』です。

 

 

 

ただ多くの方が「俺には無理…」と決め付けている人が予想以上に多いです。

 

残念ながら、借入れできない方もいらっしゃいます。

 

でも、それを決めるのもあなた自身ではなく、『金融機関』です。

 

事前に「借りられる人」だったと確認する。

 

小さいながらも大きな第一歩になるでしょう。

 

 

 

□「借りれない」と決め付けるのはやめよう

 

 

 

【筆者/アイハラユウスケ】情報サイト『小田原マンションスクエア』企画者。神奈川県小田原在住の団塊ジュニア。神奈川県のミニコミ紙在勤後、東日本大震災の日に退職。以後地元で不動産業に携わる。「不動産のことを、お客様と同じ目線で考える」ことを信条に仕事に従事している。宅建主任士・住宅ローンアドバイザー・3級ファイナンシャルプランニング技術士・プロマジシャン

 

▲小田原マンションスクエア・ホームページ www.odawara-mansion.com

 

※プログの無断転用を禁止します。記載日/2016.4.18