なぜ、小田原のマンションは人気があるのか?

 

「不動産業界は買い手市場」ということは説明しました。

 

しかし「ずっと探しているのに良い物件が見つからない」という方が多くいらっしゃいます。

 

その方々が狙っているのは「小田原駅徒歩圏のマンション」です。

 

なぜこんな事態になっているのでしょうか?

 

理由は単純です。

 

「小田原のマンション自体が希少」だからです。

 

 

 

一例を挙げます。

 

不動産物件は国のお達しで、売主から販売の依頼を受けたら「不動産流通機構会員(レインズ)」に情報をアップすることになっています。

 

販売できる不動産情報がここに集約しています。

 

平成28年2月のデータです。

 

小田原市(小田原駅)、平塚市(平塚駅)、厚木市(本厚木駅)で徒歩10分以内のマンション物件数を調べました。

 

平塚市は54件、厚木市は43件あります

 

小田原市は13件です。

 

マンション総数でも、平塚市は178件、厚木市は169件で、小田原市は69件です。

 

3市の内、人口が一番少ないとはいえ、ご案内できるマンションの数が半分以下です。

 

 

 

小田原にマンションが少ない原因を「小田原城が隠れるような建物を造らせなかった」と言うがいます。

 

城下町で道が四方八方に広がっていたから、駅前に大きな敷地がなかったと言う人もいます。

 

駅前の地主がお金に困ってなかったから、売る人がいなかったと言う人もいます。

 

真偽はわかりませんが、重要なのは「小田原駅前はマンションを造りたかったけど、造られなかった」点です。

 

結果的に物件が少ないわけですから、人気が高い→価格帯が高いということも説明がつきます。

 

では不動産不況の中、小田原の徒歩圏マンションは人気なんでしょうか?

 

 

 

ひとつの要因は「利便性」です。

 

小田原・平塚・厚木から主要駅への所要時間を比較します。

 

品川まで/小田原29分・平塚55分・本厚木58分。

 

新宿まで/小田原60分・平塚67分・本厚木42分。

 

静岡まで/小田原48分・平塚76分・本厚木100分。

 

※ヤフー路線情報より・すべて乗換え時間込み

 

戸建てではなく、マンションを選ぶ方ですから、通勤・通学の負担が少ない方が重宝されるのは納得がいきます。

 

新幹線やロマンスカーの上乗せ分を通勤費とみなしてくれれば、尚更です。

 

 

 

乗り入れ路線が多いことで、進学や就職で選択肢を狭くしないことも大きいです。

 

例えば、小田原駅から最寄り駅まで乗換えなしで通える「日本大学付属高校」は、日大三高(町田市)・日大藤沢高(藤沢市)・日大三島高(三島市)と3つもあります。

 

住む人の生活習慣を変化させないためにも、小田原を選ぶ方は、予想以上に多いのです。

 

 

 

□「小田原駅徒歩圏マンション」を探しているライバルは多い