小田原の人気のあるマンションには共通項がある

 

小田原のマンションの棟数が少ないから、人気が高いことを説明しました。

 

そのなかでも「販売物件が出たらすぐにでも連絡が欲しい」という切望物件があるのをご存知でしょうか?

 

 

 

マンション情報サイト『小田原マンションスクエア』では閲覧件数を元に、ランキングを発表しています。

 

平成26年2月から平成27年7月までの順位は下記の通りです。

 

1位/サーパス小田原

 

2位/ナイスロイヤルテラス小田原城山

 

3位/ナイスロイヤルビュー小田原城址公園前

 

4位/サーパス小田原本町

 

5位/ルネサンス小田原城址公園

 

上位5件を見て、共通項を探してみましょう。

 

 

 

まず「小田原駅徒歩10分圏内」であること。

 

小田原駅からの利便性が高いわけですから、そこまでの道中が遠かったら意味がありません。

 

強羅の函領白百合など、電車で私立に通う小学生もいるわけですから、明るい道路で接続されていることも重要です。

 

 

 

次に、「平成15年以降で総戸数が比較的多目」であること。

 

地震に対する備えとして、選んでいることもあるでしょう。

 

築浅だと、登記費用の減額や、ローン期間を最大の35年まで組めるなどの優位性もあります。

 

総戸数が多いと、管理がしっかりしている、管理組合などの役員をやらされづらい(輪番制で回ってこない可能性が高いから)、管理費・修繕積立金の上昇リスクが低いなどの「細かい安心感」が得られる点でしょう。

 

 

 

このほかにも「地元建設会社系ではなく、神奈川ではメジャーな会社のマンション」だったり、「上層階に海眺望か小田原城の眺望がある」「5戸中、4戸が三の丸小学区」などが共通項でしょう。

 

では今度は「物件選びに重要だけど、この5戸に当てはまらない」ことはなんでしょう。

 

 

 

まずは、「主採光(日照)の方向」です。

 

主婦は住み心地の優先課題として「日当たり」は欠かせません。

 

南向きのバルコニーは、東向きバルコニーと比べても、洗濯物が乾く時間が違います。

 

次に「間取」です。

 

専有面積の広さは大きな基準になりますが、意外と間取は寛容です。

 

最後に「販売価格」です。

 

正直に言えば、「ある程度高くても」売れます。

 

このような傾向になるには、いくつかの理由があります。

 

 

 

その一つが「買って貸す投資物件として小田原のマンションを買う」人が多いからです。

 

「貸しやすい物件を買う」を考えれば、共通項が納得できるはずです。

 

住まないから、日当たりとか、間取とか関係ありません。

 

物件を見ないで購入申込書を書く方もいらっしゃいます。

 

ようは高く、長期に貸せれば、高い買い物でも損しないからです。

 

不動産会社だけでなく、資金運用を助言する証券会社や信託銀行が、物件購入を後押ししているのが現状です。

 

 

 

□「買って住む」と「買って貸す」がマンション市場を作っている