見た目でわかる「マンションの良し悪し」

 

市内のマンションは、どれも個性や特徴があり、次代や世相を感じるものもあります。

 

その中で、住みやすさを基準にした場合、やはり優劣が出てしまいます。

 

例えば、「こんなマンションだったら住めない」という理由を考えるとき、その要因から3つに分類できると思います。

 

「マンション自体が悪い」

 

「住んでいる人が悪い」

 

「環境が悪い」

 

この御題目から、マンションを眺めていると、見透かされるところが出てきます。

 

 

 

まず「マンション自体が悪い」。

 

外壁やベランダの柵などの塗装を見ます。

 

塗装がおろそかの場合、屋上の防水工事などが不備な場合が多いです。

 

老朽化により亀裂(クラック)が出ているマンションもあります。

 

海沿いの物件は「塩害」、電車・高速の近くは「鉄粉」被害も凝視しておきましょう。

 

廊下やロビーなどの居住者全員が使う共用部分の状態も注目です。

 

設備の不備で立ち入り禁止になっていたり、収まりきれない段ボール箱が山積みというケースも見受けられます。

 

また管理人の働きぶりと、勤務スケジュールを見ておくこともお勧めします。

 

 

 

次に「住んでいる人が悪い」。

 

駐車場・駐輪場を見ます。

 

住んでいる人の車が外車やレクサスだったら、金持ちが多いな…となります。

 

ワンボックスカーやチャイルドシートをみれば、ファミリー層だな…となります。

 

住民の生活水準がある程度把握できます。

 

次に「ゴミ置場」です。

 

清掃器具も含めキチンとしているところもあれば、そうでないところもあります。

 

「仕事が不規則な方や外国籍の方が多い」というのも、やんわりわかります。

 

後は「掲示板」です。

 

管理組合からのお知らせや建物内の引越、地域のイベント情報などが緑色のボードに画鋲で張っているものです。

 

マンションによっては注意書き(しかも英語表記)がズラリと並んでいるところもあります。

 

 

 

最後は「環境が悪い」。

 

これは、あえて雨の日に見に行くことをお勧めします。

 

「前面道路の坂から雨水が流れ込んでくる」

 

「駐車場に水溜りができる」

 

「窓から雨が入ってきて、雨音もうるさい」

 

などは、住んでから気づくという方も多いのです。

 

また日照良好ではなく、「日照不良」の状態で、各部屋の日当たりを見ると、結露しやすい場所や、影がある部屋がわかります。

 

電車や車の騒音問題は認識していますが、この2点は見落としやすいです。

 

 

 

さて今度は「マンションのお勧めポイント」は何でしょうか?となります。

 

答えは「前記のような問題点がないこと」です。

 

マンションの評価を減点式で評価すると、悪いところばかり気になって決められないことがあります。

 

必要以上に厳正にすることはないですが、問題点は、なかなか改善されないので、ひとつの判断基準にはなるでしょう。

 

 

 

□建物・住民・環境が住みやすさを決まる