住んだ後に変えられる環境と、変えられない環境

 

マンションは、高額な買い物です。

 

「少しでも安く買いたい」と「少しでも良いものを買いたい」という気持ちが交錯します。

 

二つの言葉の判断の基準になるものは、「安く」と「良いもの」となります。

 

あえて、ここまで噛み砕いてお話しているか、というと、マンションを買い求める場合に、この二つの見極めポイントを見失う方が非常に多いのです。

 

 

 

「結局、どのマンションがいいのかわからなくなってきた」

 

「本当にこの物件でいいのか、教えてもらえますか?」

 

「****万円で販売していますが、適正な価格ですか?」

 

 

 

マンション検討者に多いコメントです。

 

そういう時には、「安く」「良いもの」に立ち返るべきです。

 

そのためには、「住んだ後に変えられる環境と、変えられない環境」を見返すことで、立ち位置を再確認ができます。

 

 

 

まず「変えられる環境」は、「設備」と「間取」です。

 

キッチン・トイレ・バス・洗面・照明・エアコンは、最新の設備に入れ替えればいいのです。

 

部屋の汚さもクロスを張り替えればいいわけです。

 

和室を洋室に、その逆も変更可能です。

 

すべてとは言いませんが、遮音・断熱と言うことでペアガラスなどの導入も考えられます。

 

ハウスクリーニングすれば、ゴミも汚れもきれいになります。

 

間取も変更可能です。

 

小さい部屋二つをひとつにする方や、押入れを新設する方、床の間を収納にする方もいらっしゃいます。

 

3DKを1LDKに変更した方もいらっしゃいます。

 

リフォーム会社に見積もりを依頼すれば、明快な数字が出てきます。

 

言葉が汚いですが、「お金で解決」できます。

 

 

 

上記以外の要因は、「変えられない環境」になります。

 

駅までの距離・道のり(○・△・×)

 

小学校・中学校の学区・道のり(○・△・×)

 

職場への距離・道のり(○・△・×)

 

専有面積の広さ(○・△・×)

 

該当物件の階数(○・△・×)

 

日当たり・バルコニー・窓・角部屋(○・△・×)

 

海・小田原城・国道1号線・富士山眺望(○・△・×)

 

ペット飼育(○・△・×)

 

管理体制・共有部分・駐車場(○・△・×)

 

お仲間・ご友人・病院などのかかりつけまでの距離感(○・△・×)

 

この10個は「マンションを購入した理由」から上位を選んだものです。

 

自分には該当しないものには斜線をひき、それ以外を(○・△・×)から選べば一目瞭然です。

 

その内容で、販売価格が妥当か?と考えます。

 

当然、前記の見積価格を付加します。

 

住んだ後に、「やっぱり気になるなぁ…」とならないためにも、チェックをお勧めします。

 

 

 

□「新居では、この条件は譲れない」ポイントを決めておく