インターネット不動産市場は、アウトレットモールと同じ

 

私は前職の時、担当の中に、大手商業施設がありました。

 

そこで興味深い話を聞きました。

 

バックや衣類などのブランド品の商品の流れです。

 

まずブランド品は、都市圏の商業施設の専門店で売ります。

 

売れ残りは、地方の商業施設で売ります。

 

売れ残りは、都市圏のアウトレットモールで売ります。

 

売れ残りは、地方のアウトレットモールで売ります。

 

売れ残りは、社員への業販や、インターネット販売などに流します。

 

 

 

「インターネットで不動産を探しているのですが、いい物件が出てこない」と言う方が多くいらっしゃいます。

 

なぜでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

「インターネットに出る前に、売れているから」です。

 

 

 

ブランド品で考えます。

 

男性で言えば、ロレックスの最新限定モデルを売り出すとします。

 

女性で言えば、エルメスのバーキンの最新限定モデルを売り出すとします。

 

団塊ジュニアで言えば、小学校時代にガンプラのシャアザクを売り出すとします。

 

インターネットの広告費用かけて、入力の手間をかけて売りますでしょうか?

 

店先に置いておけば、勝手に売れます。

 

動きが鈍ければ、常連客に声かけて売るでしょう。

 

不動産もまったく同じです。

 

 

 

不動産を預かっている立場で言えば、ネットに売っている物件には、大抵『コメント』がつくことが多いです。

 

「安いけど、日当たり悪いんだよね」

 

「広いけど、駅から遠いんだよね」

 

「エレベータないし、室内汚いんだよね」

 

「リフォームしたてだから、まだ値段高いよね」とかです。

 

アウトレットモールのワゴンセール品と同じで、「買わないよねぇ~」の理由があるのです。

 

売れ残りを売る手段は、「値下げ」です。

 

値段が合えば、「あり」になる物件もあります。

 

在庫が多くて(物件数が多い)、商品の入れ代わりが早い(更新が頻繁)店には、良い商品(物件)が揃います。

 

定期的にウインドショッピングならぬ、ネットサーフィンすることをオススメします。

 

 

 

□お買い得物件はないか?とネットを斜め見する。