マンション売却時に抑えること

 

今回は、マンションを売却する際のポイントを紹介します。

 

「買う前から、売ることを考えるなんて…」という方もいるかもしれません。

 

なかには、買い替えと言う方もいらっしゃいます。

 

売り側と買う側を両方経験できるのですが、実際は、あまり活かされないまま進んでしまうことも多いです。

 

 

 

まずは「室内を整理整頓にしておくこと」です。

 

居住中でも、空室でも同様です。

 

お客様が内覧に来ても「汚いから」ということで、一歩も室内に入らなかった方もいます。

 

キレイにしておいてください、ではないです。

 

生活していれば、汚れもします。

 

整理(物を所定の場所においておく)、整頓(無駄なものを捨てる)ということです。

 

実際は、居住中より空室の方が成約率は高いと思います。

 

「すぐに入居できそうだから」「部屋が広く見える」などが理由です。

 

荷物が多い場合なら、一つの部屋のまとめて置くだけでも、イメージが良く見えます。

 

あと、設備の不備や傷などの欠損が有るかの確認も必要です。

 

「直したほうがいいですか」という場合もありますが、自分たちで即決せず、不動産会社に相談することをオススメします。

 

 

 

次に購入時の書類を出しておくことです。

 

購入時の契約書や重要事項説明、販売パンフレット、謄本などです。

 

これも出てこない売主さんが多いです。

 

特に大事なのは『権利書』。

 

ない場合は再制作しなければならず、余計なお金をかけることになります。

 

いざ探してみたら、見つからなくて、契約が遅くなったケースもあります。

 

 

 

売却を検討されている方に「売ったら税金がかかるんでしょ?」と言う方もいます。

 

かかりますが、基本は「利益が出た場合」と考えてください。

 

この税金ルールは、バブル時代に、不動産を転売する方が急増したために作ったものです。

 

だから、「儲かって、すぐ売っちゃうなら、税金払ってよ」ってものです。

 

「不動産を売って損しているのに、さらに税金取られたら…」となったらかわいそうなことです。

 

もちろん、「相続で受けたマンション」と言う場合もあるので、事前に確認することは必要でしょう。

 

 

 

さて、売却時に売主様と話しをしていると気になることがあります。

 

すべてとは言いませんが「今住んでいる不動産から、それを売って生まれるお金に興味が移っている」ことです。

 

そうなっているから買い替えする、といってしまえばそれまでです。

 

ただ、少しでも物件に愛情をかけてあげれば、少しでも早く、高値の売却が開けてきます。

 

 

 

□内覧客のつもりで、我が家を見直してみる。