· 

小田原から都心・横浜のアクセス考察

 

小田原駅には5本の電鉄会社が乗り入れています。

 

その中で、横浜・東京方面へ向かうのは下記の通りです。

 

東海道線(横浜・品川・東京)

 

湘南新宿ライン(横浜・渋谷・池袋・上野)

 

東海道新幹線(新横浜・品川・東京)

 

小田急線(新宿)

 

 

 

そのなかで、60分で当該地に到着するのは下記の通りです。

 

東海道線(横浜52分)

 

湘南新宿ライン(横浜52分)

 

新幹線(新横浜16分・品川28分)

 

※快速利用を含む。

 

 

 

東海道沿線に学校や勤務先がある方が、小田原を選ぶと言うのが良くわかります。

 

ちなみに、横須賀から横浜までが42分、品川まで61分です。

 

同様に小田急沿線に学校や勤務先がある方が、小田原を選ぶと言うのが良くわかります。

 

小田急線で小田原から新宿まで急行なら95分ですが、ロマンスカーを使うと74分になります。

 

ちなみに西武秩父から池袋までが特急で78分です。

 

小田原市民は「小田原が観光特急に乗って行くほど、都心から遠いから静岡と思われてる」と都民の声を耳にすると『カチン』ときます。

 

でも、市外の人から考えると、箱根駅伝で半日かかってくる距離感なので、十分遠隔地なのです。

 

遠いけど、新幹線を含む豊富な交通選択肢が、感覚的距離感を縮めているのが小田原なのです。

 

批判承知で申し上げれば、交通路線がまとまっていなかったところに駅を作らなかった『岐阜羽島』との違いです。

 

仮に『岐阜』に新幹線が止まっていれば、JR・名鉄などハブとして機能していたと思います。

 

 

 

小田原の交通アクセスで好条件なのがもう一つあります。

 

それは『始発駅』ということです。

 

東海道線の車庫は『国府津』という、小田原から二つ東京よりの駅の近くにあります。

 

なので、小田原駅始発東京行きよりも、国府津駅始発の電車が多いのです。

 

逆に夜遅い電車は、国府津駅止まりも多いのです。

 

だから、あえて国府津駅周辺の物件を狙っている方も多いのです。

 

湘南新宿ラインのおかげで、渋谷・池袋・上野まで座っていけることになりました。

 

小田急線も同様です。

 

行きは座って行けます。

 

混雑するのは秦野や伊勢原くらいからです。

 

帰りはそこまで立っていますが、最後は座れます。

 

どうしてもとなれば、ロマンスカーです。

 

 

 

末筆に車の話です。

 

小田原は、東名高速と直結する『小田原厚木道路』と、圏央道と直結する『西湘バイパス』が走っています。

 

横浜市内までは混まなければ1時間強です。

 

渋谷までは混まなければ1時間半です。

 

都心まで車で通勤する人も意外に多いのです。

 

なんで小田原は、交通アクセスが良好なんでしょう。

 

答えは、新潟における田中角栄氏と同じ。

 

政治家のコウノウ(効能)があるからです。

 

 

 

 

 

□遠いようでそれなりに近いのが小田原。



小田原は本当に温暖なのか?


マンション50年寿命論と借地権