中古マンションも値引きをして買う時代になった

 

日本は「人口減少社会」に突入しました。

 

神奈川県の県西の中核都市「小田原」も例外ではありません。

 

人口が減っている訳ですから、不動産の価値は下がっています。

 

ということは「買い手市場」になったといえます。

 

 

 

昨今、多くの方が「指値」という値引きをして、購入申し込みをします。

 

売り手側も、指値を想定して、高めに設定する物件も多いです。

 

または、十万円単位を最初から落とす覚悟で価格設定する場合もあります。

 

「言うのはタダ」ですから。まず希望価格を伝えることです。

 

飲んでくれればラッキーとなります。

 

飲まなくても、「この金額なら…」という場合もあります。

 

もし値引きできない場合は、理由を聞くのも一案です。

 

「値引きしなくても売れるから」「他に健闘しているお客がいる」「急いで安く売る気はない」「この金額で売らないと赤字」と理由は様々です。

 

それを判断基準として次の一手が打てます。

 

「ならこの金額なら」とか「今月末までに契約する」とかです。

 

 

 

問題なのが「売主にいくら売ってくれますかと聞いてくれ」と言う方です。

 

こう言われると不動産会社の多くは「この人買う気はないな」と判断します。

 

「いくらなら買ってくれますか」→「安ければ安いほど良いわよ」→「安く売ったら歩合金が減るじゃないか、そんなんじゃ売らないよ」の一手詰みになるからです。

 

高い買い物ですし、多く人が係ることなので、明快な数字がないと、明快な答えが出ないからです。

 

 

 

もちろん、失礼がないレベルで値引きしてください。

 

前記の通り、販売価格が減る→営業マンに入る歩合が減る→割が合わないというのが要因です。

 

一度多額な値引きをした買主さんがいて、価格を上げても「その人には売りたくない」と売主さんがへそを曲げたケースもあります。

 

 

 

加筆すると、値引きをした場合、交換条件を出される場合も多いです。

 

「瑕疵担保を免責にして(物件に不具合あっても許して)」「現況有形有姿売買にして(汚いけどそのまんまで許して)」「今月中に契約して(早くお金にして)」と様々です。

 

相手を切って返した刀で、自分自身を切り付けないように注意も必要です。

 

 

 

□「この金額なら考えたい」と不動産会社にぶつけてみる

 

 

 

【小田原市内・最新中古マンション情報】平成28820

 

●城山グランドコート(2階・3LDK61.92㎡・昭和63年築・価格変更)880万円

 

※掲載中での契約物件についてはご容赦ください

 

 

 

※プログの無断転用を禁止します。記載日/2016.8.20

 

【筆者/アイハラユウスケ】情報サイト『小田原マンションスクエア』企画者。神奈川県小田原在住の団塊ジュニア。神奈川県のミニコミ紙在勤後、東日本大震災の日に退職。以後地元で不動産業に携わる。「不動産のことを、お客様と同じ目線で考える」ことを信条に仕事に従事している。宅建主任士・住宅ローンアドバイザー・3級ファイナンシャルプランニング技術士・プロマジシャン