リフォームの高カロリーは「水まわり」

 

中古マンションを購入する場合「リフォーム」は大きな要素です。

 

マンション室内は、雨漏りや傾斜などがなければ、修復することは可能です。

 

キツイ言い方をすれば「金で解決する」問題です。

 

なかでもお金がかかるのが「水回り」です。

 

実例を挙げましょう。

 

 

 

クロス(壁紙)は、一般的な目安として、6畳の部屋(壁・天井)で5万~7万円です。

 

今では汚れている部分のみ張りなおすデザイン性とコストカットを両立したものもあります。

 

ちなみに畳の表替え(緑の井草の部分を交換する)は、一畳で5千~7千円です。

 

 

 

リフォームの選択肢が多いのがフローリングです。

 

まず汚れているのをクリーニングで済ます。

 

次が、傷ついた部分のみを修復する。

 

全体を変えたい場合は、CF(建築においてはクッション・フロアの略。ビニール系床シート)を張る。

 

そしてフローリング(床材)の張替です。

 

これは、予算と好みで価格が大きく変わるので、目安はつけづらいところです。

 

 

 

題目になっている水回りからは、まず「トイレ」。

 

量販店やネットでも安いものもありますが、「トイレ本体」・「便座」・「手洗い」・「工賃」・「処分代」が別途のことを覚えておきましょう。

 

またトイレは「男性による飛び散り問題」があるため、室内の床・壁のクロス交換が必要なります。

 

「シャワー付トイレのリフォーム」で、20万円前後と考えて無難でしょう。

 

もし、和式からの変更(タイル壁からの修繕)や、トイレ内に電源がないと更にかさむと考えてください。

 

 

 

洗面台もバリエーションが多いので、隣接する洗濯パンとあわせてリフォームする人が多いです。

 

これも「材料費」「工賃」「処分代」が別勘定です。

 

あわせて10~15万円ぐらいでしょうか

 

 

 

残るは「キッチン」と「バスルーム」。

 

水回り+ガスという工事なので、人件費=工賃がかかります。

 

加えて、ゴミも多く出ますので処分代もかさみます。

 

私は「片方で100万円コース」と答えることが多いです。

 

 

 

では、実際に中古マンションを内覧した際は、リフォームはすればいいのでしょうか?

 

答えは販売担当者に「これとこれをリフォームしたら、いくらぐらいかかるの?」と具体的に聞くことです。

 

直さないと住めないことを十分把握しているのは売っている販売員も同じです。

 

「リフォームで綺麗になりますよ」というのは、ダメな対応です。

 

そんなことは、言われなくても知っています。

 

知りたいのは具体的な金額負担です。

 

このリフォーム費用は、値引き交渉の具材にも活用できますので、ぜひ聞きましょう。

 

 

 

□「リフォーム費用はいくらなのか」を聞き出す