仲介手数料の仕組みを、お伝えしておく

 

教室の片隅、真理男くんが悩んでいました。

 

「どうしたのよ~」と声をかけたのは、不動くんでした。

 

「この前誕生日に、ニンテンドークラシック貰ったんだけど、実は2台目でさー」。

 

この冬、入手困難なゲーム機が2台もあるなんて、うらやましいなと、不動くんは思いました。

 

「売っちゃえばいいジャン、ハードオフとかさ」

 

「でもあれって安く叩かれない?ヤフオフなんかも面倒くさいし」と真理男くんは浮かない顔です。

 

「んじゃ、誰か欲しいやつがいたら、声かけるよ」と不動くんは、席を立ちました。

 

 

 

家に帰り、夕食時。

 

ドンキホーテの袋を数多く置いた親父が、頭を抱えていました。

 

「いや~、会社の忘年会のビンゴの商品がさ、ぱっとしないんだよね~」

 

不動君は。ふと思い出しました。

 

「ニンテンドークラシックが手に入るよ!」

 

「ホントか!それテレビでやってたな。いくらよ」

 

「1万3千円ぐらいするけど、ちょっとは小遣い頂戴よ」

 

「う~ん、明日に持ってきてくれるなら、2千円の小遣い付けて、1万5千円で買うよ」。

 

 

 

そして翌日の学校。

 

真理男くんに「買いたいやつがいるから売ってくれよ」と話を切り出します。

 

「話が早いじゃん、とりあえず定価で売ってくれたし」と喜んでいます。

 

「明日に金に換えてくるからさ、2千円ぐらい手間賃頂戴よ」と不動君は切り出します。

 

「しゃーねーな、そのくらいなら良いよ」と真理男君は答えました。

 

不動くんは、1万3千円の商品を売ったお陰で、2千円×2=4千円儲けたわけです。

 

 

 

不動産の販売手間賃=『仲介手数料』の最大の特徴は、売主・買主両方に請求できることです。

 

不動君で言えば、真理男くんからと、親父からです。

 

これを業界では『両手』と言います。

 

仮に、親父の友達がニンテンドークラシックを欲しかったとします。

 

その場合、親父からは手間賃は取りづらいですね。

 

とるなら、親父の友達が、親父に手間賃を払うことになるでしょう。

 

不動君は真理男くんからしか、手間賃を取れません。

 

これを業界では『片手』と言います。

 

もうひとつ仲介手数料の特徴は、『売った金額で金額が変わること』です。

 

簡単に言えば、高いものを販売すれば、仲介手数料も高くなります。

 

例えれば、4万のPS4売ったら、手間賃は2千円じゃなくて4千円は頂戴よ、ということです。

 

 

 

では、このルールの中で、不動くんは、どうやって手間賃を増やすことを考えるでしょうか?

 

親父の友達が欲しいといわれたとき、「売らないよ」といいます。

 

まずは、自分の友達に買いたい奴がいないか、探します。

 

「買いたい人がいるのに売らない」という行為を『囲い込み』と言い、業界では違法行為となされています。

 

商品を販売して、手間賃が半分になってしまうから、本音は「売りたくない」訳です。

 

もうひとつは、「より高い物件を進められる」ということも同様です。

 

買いたい購入者の意向ではなく、販売者の儲かり具合で取引が行われているからです。

 

「商売なんて、金儲けだから当たり前ジャン」と言われれば、正論だと思います。

 

ただ、不動産会社の心持で、適正価格以上の価格で販売されたり、買えなかったりすることは、現場では起こっています。

 

 

 

□仲介手数料は売主・買主両者に発生する。