トランプ大統領就任と住宅ローン

 

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 

今年もが拝読いただき、マンション購入の一助にしていただければ幸いです。

 

 

 

さて、平成29年、2017年を迎え、「今年こそ、マンションを購入したい」と言う思いの方も多いと思います。

 

トランプリスクとして、住宅ローンの金利上昇(手数料のアップ)なども考えられる昨今です。

 

なぜトランプさんが大統領になると、住宅金利が上がるのでしょうか?

 

経済学から言えば、異論になるかもしれませんが、私としてできる限りわかりやすく書きます。

 

 

 

あるアメリカ人家庭がありました。

 

主人の仕事は、同業他社のイスラムさんの嫌がらせなどもあって、収入はトントンでしたが、この1~2年は落ち着いてきました。

 

しかし仕事自体には“行き詰まり感”を持っていました。

 

そんな中、社長交代人事が起こり、主流派のヒラリーさんが落とされ、反主流派のトランプさんが、今年から社長になることになりました。

 

新年を迎えたアメリカ人家庭からは、こんな会話が聞こえてきます。

 

主人「社長が代わったから、仕事が増えるかもしれないね」

 

奥様「そうねぇ~やってくれそうよね」

 

主人「仕事も下請け会社への外部委託(アウトソーシング)を止めて、自社でやるようにするんだって」

 

奥様「そうすれば、今いる社員の仕事も増えるし、元より社員も増やすかもしれないわね」

 

主人「そうだよ。だから給料アップも望めるかもねぇ…」

 

奥様「家計を守る私としてもうれしいことね」

 

主人「そこで相談なんだけど、今からカジノに遊びに行くからお金貸してよ」

 

奥様「何言ってるのよ!給料入ってからでもいいじゃん」

 

主人「いいジャン、いずれ給料も上がるんだからさ…」

 

奥様「しょうがないわね…。でも借りた金返すときには給料上がるんだったら、利子高くするわよ」

 

主人「そんなの関係ないじゃんかさ~」

 

奥様「今までの利子で貸してたら、無駄遣いするでしょ!だったら、貸さないわよ!」

 

ご主人は渋々、今までより高い利子でお金を借りて遊びに行きました。

 

アメリカ人家庭の隣は、日本人家庭です。

 

翌日の朝、ゴミを出すときに、両家庭の奥様が立ち話で、このやり取りをしました。

 

その日の夜、日本人家庭の夫婦の会話です。

 

奥様「アメリカ人家庭は、おこずかい(お金を貸す)の利子を上げたんだって」

 

主人「我が家は関係ない話じゃないか」

 

奥様「何言っているの?勤めている会社は別会社だけど、ガチガチの親族会社じゃない。我が家も隣に見習って利子を上げます」

 

主人「ええぇ~っ(マスオさん風)」

 

 

 

このやり取りで大事なことは二つあります。

 

住宅ローンを借りる人の関係で金利が上昇しているわけではないです。

 

日本全体のお金の貸し借りで、住宅ローンは一部で小額しかありません。

 

工場を立ち上げるとかでお金を借りる「設備投資」に比べたら、少ないのです。

 

だから、もっと大きなお金の貸し借りの影響を、住宅ローンは受けてしまうのです。

 

もう一つは、この金利上昇の要因が「社長が変わったということ」だけということです。

 

社長の手腕が発揮され、会社の景気が好くなれば、夫婦の会話の青写真通りになるでしょう。

 

その逆だったら、ということも十分に考えられます。

 

 

 

さて、マンションを今年購入したい人に申し上げます。

 

不動産会社は、「住宅金利ローンが上がる前の今が、購入のチャンスです」という空気感を作ろうとしています。

 

消費税アップほど、大きい要因ではないですか、購入を考えている人の背中の押す力にはなると思っています。

 

もし金利が上昇するならば、物件が決まっていて、買えない要因が「金額」と言う人は、決断を急がなければいけません。

 

それ以外の人は、まったく関係のない話です。

 

買うものも決まっていい無いのに、住宅ローンのために決断を急いで、良い物件に出会えるというのは難しいでしょう。

 

 

 

□「トランプリスクで今が買いです!」というのは、売り手の常套句。