· 

2020年完成予定の小田原のマンションチラシを見ながら、平成マンション事情を斜め見する。

我が家のポストに1枚のチラシが投函されました(上記写真・同チラシ)。

小田原の街の中心街、「栄町1丁目」のスクランブル交差点にできる新築マンションのチラシでした。

大和ハウス工業株式会社東京本店の事業主・売主になっています。

マンション名は「プレミスト小田原栄町」です。

近隣ですと、川崎市高津区溝の口や、湘南辻堂などに建設されています。

建設予定のマンションは、敷地面積約923㎡(約279坪)です。

RC造14階建で、総戸数は51戸、間取は3LDK基準です。

各戸の専有面積は、約68㎡~約77㎡、駐車場は18台です。

販売価格や管理費、修繕積立金などは、すべて未定です。

来年の1月下旬に事前案内会を開催、販売開始は来年3月下旬、完成予定は2020年7月下旬です。

すべてデータは、チラシから摘出しました。

同物件のホームページのタグを貼っておきます。

https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/o51/index.html?cam=63&med=21

 

以前から話にあがっていた新築マンションが具体的に動いてきました。

新幹線マンションの建て替えと同様に、注目を集めていました。

こちらも噂の域を超えていませんが、タカラレーベンと万葉の湯が主体となり、数年掛けて壊して建て直すという話が出ています。

販売価格は5000万円前後とか、元々の居住者(所有者)は、いくばくか割安で買えるとか…。

すべて裏を取っているわけではない話ですけどね…。

 

そして2棟の新築マンションを考える時、気になるのは「完成予定年月」です。

来年以降になるでしょう。

これが重要です。

来年5月をもって、新年号になります。

皆さんご存知の通り、今年が平成最後です。

来年以降完成した建物は「(新年号)元年」という建築年数になります。

ということは、乱暴な言い方をすれば、平成築の建物は「型落ち」になります。

「平成27年築・美麗マンション」という表現のパンチが弱くなります。

 

戸建でも同じです。

平成一桁築の中古戸建は、すでにインパクトが弱いですが、来年以降より弱くなります。

ハウスメーカーも、そのことを知っています。

マンションを建てる会社も、そのことを知っています。

だから、急いで建てることもなく、(新年号)2年の2020年築なのです。

 

さて、このページは中古マンション売買を中心にした情報サイトです。

来年以降、平成築の販売価格は、大きな波を受けます。

中古不動産市場、特に中古マンションは、全国的に大きな波を受けます。

売るにしても、買うにしても、新年号を前に、「平成」な気持ちを持って、見極めが必要です。

 

 

□来年になったら、平成築のマンションは「型落ち」。



不動産の営業マンの心持がわかる魔法の言葉。