検討中の方へのこと

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
小田原でマンションを探す人の共通の悩みがあります。 ネット検索してもチラシを見ても、「欲しいマンションが出てこない、売りに出ない」ということです。 プログではちょくちょく触れますが、小田原はマンションの数が、他のエリアに比べて少ないです。 ただでさえ希少性が高いうえに、「小田原駅徒歩圏(三の丸小学校区)」「築浅」「中層階以上」「70㎡以上」という人気の条件が加わると、さらに厳しいことになるでしょう。 なので、『サーパス小田原シティ』に至って、築後10年以上経っているのに、販売価格でやり取りされるとの噂もあるぐらいです。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
日本には「物を大事に扱い、後世につないでいく」という文化がありました。 資源が少ない国ですから、『使い捨て』という考え方が生まれなかったのでしょう。 だから、売り手として、昔から常套句として使われたのが「一生物の買物ですよ」というものです。 着物の訪問着などは「娘へ孫へと引き継がれていくものですから」と言って、悩んでいるお客の背中を押しました。 平成になって、着物はニーズが無く、古いものの多くは「布ゴミ」として扱われています。 真珠のネックレスは「冠婚葬祭の場面は、ずっと起きるものですから、ずっと使われるものですよ」と言って、悩んでいるお客の背中を押しました。 平成になって、昔のデザインの真珠のネックレスは高い値段が付きづらいもの。 特に昔の「純白の真珠」は喪の場では、ふさわしくないという風潮もあるぐらいです。 高級車を買わせるときも、同様のセールストークが展開するわけです。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
以前、「あなたにとって『買いたいマンション』は何ですか?」という問いかけをしました。 大きく3つに意見が分かれるとして、『マンションと言う肩書き』か、『適切な価格』か、『住み心地』になるとあげました。 それぞれの意味合いを、掘り下げていく第3回は「住み心地」です。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
前々回、「あなたにとって『買いたいマンション』は何ですか?」という問いかけをしました。 大きく3つに意見が分かれるとして、『マンションと言う肩書き』か、『適切な価格』か、『住み心地』になるとあげました。 それぞれの意味合いを、掘り下げていく第2回は「適切な価格」です。 少しわかりづらい表現ですが、わかりやすく言えば、「安いマンションだったら買う」ということです。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
前回、「あなたにとって『買いたいマンション』は何ですか?」という問いかけをしました。 大きく3つに意見が分かれるとして、『マンションと言う肩書き』か、『適切な価格』か、『住み心地』になるとあげました。 それぞれの意味合いを、掘り下げていきたいと思います。 まずは「マンションと言う肩書き」です。 少しわかりづらい表現ですが、わかりやすく言えば、「マンションに住みたいから買いたい」ということです。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
このブログでは、小田原を中心にマンション購入を考えている人に向けて、発信しています。 もちろん、小田原以外でマンション購入を考えている方、小田原で戸建や土地などの不動産の購入を考えている方にも一助になる文章を書いております。 では、そんな皆様に、ふと立ち止り伺います。 「あなたにとって『買いたいマンション』は何ですか?」 『マンションと言う肩書き』ですか? 『適切な価格』ですか? 『住み心地』ですか? この3つには上下関係や良し悪しの違いはありません。 どれを選んでも、あなたの心に正直であれば「正解」です。

検討中の方へのこと · 08日 8月 2018
前回に引き続き、不動産の値引きについて考えて見ます。 「値引きをして不動産を購入すること」は、売買を担当する不動産会社にとっては不利益であるということをお話しました。 手取りが少なくなる上に、契約・決済まで持っていける可能性が低いからです。 なぜなら、多くの場合、物件を購入することより、値引きすることの方が目的に変わってしまうからです。 「希望通りの金額になりました」となっても「家族が反対して…」と何らかの理由を後付して購入しない。 不動産に携わっている人は、同様の経験をしたことは多いと思います。

検討中の方へのこと · 14日 3月 2017
マンションの物件選びにインターネットを利用する方が、大勢を占めてきました。家にいながら、数多くの物件情報を手に入れることが可能ですから、購入検討者にとって、こんなにありがたいことは無いです。また売り手である不動産会社も、より確実の宣伝材料としてインターネットを考えており、情報の早さ(販売開始→即ネット)、情報量の多さも特筆と言えるでしょう。TVCMでもおなじみの『アットホーム』『ホームズ』の不動産情報サイト(まとめサイト)から、各不動産会社のホームページも充実しています。「どのホームページが良いの?」と聞かれるぐらい、選択肢が豊富になってきました。

検討中の方へのこと · 06日 3月 2017
どの業界でも専門用語と言うものがあります。不動産業界もさもありらんです。中でも、よく取り上げられるものに、『間取表記』があります。『2LDK』とか『1LDK+2S』というものです。全部でどのくらいあか、ご存知ですか?

検討中の方へのこと · 03日 3月 2017
先日、初めて一人暮らしをする方をご案内いたしました。物件の内覧に行く車の中での会話です。「いろいろホームページなどを見ていても、どのくらいの部屋の広さが新生活に合うのか、よくわからない」。実家暮らしから一人暮らしになる際に、意外とイメージが付きにくいものです。私からの返答はこうでした。「今回持っていく家具・家電を配置したイメージをして、生活しやすいかを、判断基準にしたらどうですか?」。実際に現地に到着に、部屋に入ると「ここにベッド、ここにテレビ…」と口にし、「ここは狭いですね~」と即答していました。その後、何軒か物件見た後の感想は「部屋の広さ(面積)は変わらないけど、レイアウトによって広く感じたり、狭く感じたりするんですね」とのことでした。一度、この感覚をつかんでおくと、インターネットの物件情報を見ても、良し悪しがある程度わかってきます。

さらに表示する